妊娠中には避けたい白髪染め

妊娠中に白髪染めは避けるようにしてください。自然素材を使ったヘナによる白髪染めも利用できますが、妊娠中は肌が敏感になりやすく、植物成分だからと言って肌がかぶれないとは言い切れません。またヘナを使った商品でも、100%植物成分とは限らず染めやすくするために添加物を含んでいる商品もあるため、できるだけ避けた方が良いでしょう。赤ちゃんへの影響も考えて万が一のための対処をしたいですね。
どうしても妊娠中に白髪染めを行いたい場合は、自然素材100%で作られたヘナを選ぶ事、妊娠の時期に注意して行なうと良いでしょう。使用の際には必ず事前にパッチテストを行ってください。妊娠前にかぶれなかった場合でも、妊娠中はホルモンの変化によって肌が過敏になりやすく、以前とはコンディションが異なっています。また、時期はつわりがひどい時は避け、つわりが終わった妊娠中期がおススメです。お腹が大きくなってからだと自分で染めるのはかなり大変になります。植物成分で出来ていてもニオイに敏感なつわりの時期は避けるべきです。
白髪染めは皮膚から成分が吸収され、胎児に影響を及ぼす恐れがあります。妊婦さんが問題なくても、血液を通し胎児に影響が出る場合もあるので、極力白髪染めは中止しましょう。