白髪染めでどんどん髪が痛む

白髪染めを行っていると、どんどん髪が痛んでくると言うことはありませんか?一般的な白髪染めは薬剤によりキューティクルを開き、染料を髪の内部まで浸透させるため髪が痛んでしまいます。キューティクルを開いた時に髪に閉じ込めている水分も一緒に出て行ってしまい、切れ毛や枝毛の原因となります。白髪染めを行わないのが一番髪には優しいのですが、女性にとって白髪はストレスとなってしまいますね。極力回数を減らすようにしたり、髪に負担となる成分が少ないものを選んでみましょう。最近ネットで人気の自然派白髪染めなら、髪に負担となる成分が少なく髪がツヤツヤに仕上がります。ドラッグストアなどで買える白髪染めと比べると価格は高めですが、髪の健康を考えるなら選びたいものです。特にジアミン系の成分の成分が含まれていない商品を選ぶと良いでしょう。
また、髪の痛みを極力減らしたいなら、自然素材で出来ているヘナを選ぶ方法もあります。ヘナは植物から作られる染料のことで、昔から利用されています。植物成分で髪を染めると同時に、髪に潤いも与え健康を保つ事もできると言われています。ヘアカラーや白髪染めと比べると染まり具合は悪いのですが、髪の健康を第一に考えるならおススメできます。